「読書の時間:四畳半神話体系」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
潜在意識
でもでも
でもでも

みなさん、こんにちは「でもでも」です。新コーナー「読書の時間」です。よろしくお願いします。

という訳で、スピリチュアルに一見、何の関係もない「読書」ですが、みなさん、本は読みますか?本を読んだり、映画を観たりすると感情表現が豊かになります。この感情表現って結構スピリチュアルにも影響があるのです。たとえば、ネガティブな感情に襲われたとき、「最悪」という表現しか出来ないと、その「最悪」度合いがいつも一緒な訳です。しかしもう少し、語彙を広めていくと、「悪い夢でも見ているようだ」「生きるか死ぬかの修羅場」ともいえる訳です。ともに最悪な感情ですが、伝わる感情は異なるかと。自分の内面を覗いたときに出てくる感情をくみ取るときに、より多くの表現を出来た方が、感情レベルを細分化できるのです。まぁ、スピ廃人になって願望から目が離せない時、少し小説でも読んで、願望を握りしめた手を少し緩めてみるのも如何でしょうか?

さて、そんな記念すべき第1回目の「読書な時間」に紹介したい本は

四畳半神話大系 (角川文庫) 森見 登美彦 (著)

京都が舞台の作品です。心がまっすぐに屈折した大学生の苦悩を描いた青春エンターテインメント作品。京都を舞台に四畳半というノスタルジックな設定ではあるが、パラレルワールドだったり、無限な広がりを見せる四畳半といった、奇想天外な設定になんど読んでも飽きを感じさせない作品。何といっても、作品の中の登場人物がみんな必死にそれぞれの役を演じている感じが凄い(笑)真剣に怠惰であったり、プライドを持った自由人など、キャラが濃い、それでいて、背景描写も細かいので、読者には行間を与えないほどの情報量がなだれ込んで来る。しかしながら、その膨大な情報量が押しつけがましくなく、一気に読めてしまうのは、不思議。アニメ化もされているので、映像で観るのも面白いです。森見 登美彦氏の作品は京都を舞台にした作品が多く、
森見登美彦の京都ぐるぐる案内」も発売されている。この本も文庫化されているので、この本を持って京都の町をぶらぶらしながら、妄想と現実の狭間を練り歩くのも良いのではないでしょうか?

みなさま如何でしょうか?年末年始で疲れた体を癒しながら、本を読んでリラックスする時間を持てるような余裕が欲しいところですね。今後もいろんな本を紹介できたらと思います。今年もよろしくお願いします。「でもでも」でした。よしなに~。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
潜在意識読書
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント