【51話】その願望、本当に望んでいること?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
潜在意識

みなさま、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。お正月いかがお過ごしでしょうか?普段TVをあまり見ない私ですが、年末年始のドラマ一挙放送は一度見てしまうと、これはなかなかどうしてハマってしまいますな。普通ドラマは10話前後かと思いますが、10話前後を一挙に見るより、数回に分けた方が満足度が上がるらしいです。おせち料理を食べながら、ボケーとドラマを見て、ゆっくり過ごすお正月も良いのではないでしょうか?

2019年新年1回目(51話目)のネタをどうしようかと考えたのですが、よく新年と言いますと、今年の目標とか決めますよね?という事で、今回は一度初心に戻り「願望について」です。

貴方の願望は何ですか?
願望実現のために、皆様色々調べてこのブログにも辿り着いたかと思います。どうやったら願望達成できるのか、いろんなまとめサイトを読んだり、スピ廃人を脱したかと思えば、スピ廃人に戻ったり、皆様いかがでしょうか?願望達成したいのはよくわかりますが、改めてよく考えて頂きたいのですが、「貴方の願望は何ですか?」その願望は本当に叶えたいことでしょうか?そんなの、言われなくても決まっているよ‼と言われるかもしれませんが。本当にはっきりと貴方の願望を言えますか?ここがポイントでもあります。
例えば「お金が欲しい」という願望があったとします。欲しいのは「お金」でしょうか?お金を使ってする何かでしょうか?つまり「何のためにお金が欲しいのか」をはっきり認識できているか否かがポイントなんですね。ここがはっきりしていないと、「意図」してもブレてしまうのです。つまり
 
本当に望んでいることを「意図」する
意図するとは、現実に関わりない、自分がどうありたいのかということの単純な選択です。
なので、意図したら、あとはやることがないのだけれど、それだと不安になってしまうのです。常に「努力」をすることを私たちは教育されてきました。その為、願望実現のために具体的な努力をしないと不安になり、手放すとか、もう意味がわからないのです。その為にメソッドに走ってしまうのですが、メソッドは願望実現の手段では無いのです。では、不安になってしまったときに何をすればいいかというと、
 
意図した願望が、本当に望んでいることか、常に自問自答していく
私たちにできる事は自分自身に問いかけ続ける事です。それが本当に心の底から叶えたいことなのか?常に自問自答してください。その作業は決して外に向けたものではなく、内に向けた作業になる訳です。そう、「全ては心の在り方」に繋がるのですが、全ての答えは自身に中にあるのです。その本願が叶えたい事であった場合、
想像したときに「ワクワク」したり「ホット」したり、いい気分になりますよね。
その事をずっと思っていれば、現実は内面の投影なのですから、みなさんが望んで止まない、現実化されるわけです。しかしこの「ずっと思っていれば」に関してですが、現実を軸にしてしまうと、というか、不足の視点でしてしまうと、それは、いい気分では無いはずです。「不足」が協調されてしまうからです。「いつ?」とか不安に焦点が当たり、目の前の現実に心折られるわけですな。自身の内面が肝であり、メインです。目の前の現実は遅れてやってくるし、サブであります。次回は何故うまくいかないかを見て行きましょう。ではではよしなに~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
潜在意識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント