ネガティブ思考は「マブダチ」でござる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
心理学

皆さんこんにちは、ナチュラリストです。スピ業界ではおそらくすべての事を突き詰めていくと、「なる」に辿り着くのではないかと思います。「なる」は簡単な発想ですよね?ゆえに難しいとは。耳タコでございます。

願望達成したい→「なる」→終了。

わずか、数秒で願望が叶ってしまうので、エゴチンが騒ぐのですね。

①願望が浮かぶ。願望を抱く。②実現していることにして、今まで通り日々を送る。

全ては「心の在り方」というのが、このブログの本筋であります。

常に、「なった」自分でいればいいのですが、エゴチンが騒ぐので、エゴチンを鎮めるためというか、自身を納得させる為に、「メソッド」があるのかと思います。ですので、「メソッド」とは願望達成の為ではなく、ご自身を納得させる、脳破壊をして、そうとしか思えない状態に持っていくものだと思います。浜崎さん風に言うとですが

ここで、道中、みなさんが途中寄り道してしまう時がありますよね?まぁ、挫折ともいいますが。

いいんです、ちょっと寄り道しても。それを覚えていて頂き、どんな時に寄り道してしまうか?それは、ネガティブ思考に襲われたときです。人間は1日のうち6万回近く思考を繰り返し、うち8割はネガティブ思考と言わます。そして、その思考はほぼ毎日同じことを考えています。

そう、習慣化しているんですね。しかし、ネガティブ思考は決して悪いものでもないのです。問題なのは、ネガティブ思考に偏ってしまう事です。

そもそも、人類がここまで進化を遂げられたのは、ネガティブ思考があったからとも言われています。ネガティブ思考は災害や事故などの身の危険から守る防御としての役割を果たしてきました。リスクに特別な注意を払い、それらに敏感になり記憶に長く留めておく脳の機能が発達したのです。そうなのです、我々はネガティブの進化系なのですから、ネガティブとは切っても切れない、いわば、「マブダチ、ヨ~、ブラザ~」なのです!ですので、ネガティブ思考が出てきたら、これは当たり前の思考であると気づいて下さいね。ポジティブなことよりも、ネガティブなことのほうが記憶に残りやすいし、無意識に思い起こしやすいのは、もはや、当たり前の事なので、だかといって、願望達成はできるんです。まとめサイトの達人たちもきっとネガティブ思考があったのです。「引き寄せの法則」などでは、常に心をワクワクさせていれば、現実は内面の投影なのだから、ワクワクした現実が引き寄せられるといいますよね?これが出来る方は、おそらく「なる」もなんの疑いもなくできる方だと思うので、そもそも、潜在意識とか、意識していないのではないでしょうか?

通常の場合、ネガティブ思考は湧いてくるものなので、そのこと自体は問題ありません‼じゃあ、どうしたらいいのよ、と思いますよね?次回は「ネガティブバイアスが現れた!どうする?」を皆さんと考察して行きたいと思ます!それでは、バイチャ‼

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
心理学 潜在意識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント