勇気をもって願望を手放す‼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
潜在意識

みなさん、こんにちはナチュラリストです。年末3連休ですね。クリスマスシーズン皆様いかがお過ごしでしょうか?年末になると歌番組が増えますが、基本的にはどの番組も出演者はほとんど一緒なんですね~。憧れのアイドルが連日歌い踊る姿が見れるのはやはり嬉しいものではないでしょうか?

さて、今回は「手放す」という事です。願望達成の為に日夜、頑張っているスピ廃人の皆様お疲れ様です。前回の記事の最後に、自分=意識(認識)という大海原で好きに旅に出てみては如何でしょうか?と書きましたが、好きに旅に出ろと言われても…となりますよね。以前、「執着」に関する記事を書きましたが、今回は「手放す」です。

この「手放す」なかなか出来ないですよね。ここでは主に「願望を手放す」とは?について考えていきたいと思います。願望を手放すとは何か?

願望がある時はそのものが無いから望む あるいは不足しているから望む

願望実現をさせるため、どうしていいかわからず、スピ廃人になるといった、定番のコースを歩む中で、願望実現させるというアプローチがそもそも違うというか、準備のための準備というか、遠回りな感じです。私も、すごく、願望達成させたいのに、手放すというのが、判らなかったとうか、出来なかったのですが、

自分の認識が世界であるのであれば

願望を実現させようとする事がそもそも

叶ってない・不足の視点だったんです。

そのため、叶っていない世界が広がり、叶っていない内面は叶っていない現実を投影して、

叶っていない認識を固めて、廃人になっても、叶っていない旅は続くのですね。

願望とは言ってみれば不足なのですね。

願望を手放せばそれは不足を手放すという事

ゆえに、手放すとは諦めるという事ではなく、不足からの視点をずらす。

不足というとネガティブなイメージですが、願望というとポジティブな感じですね。

願望を握りしめるとは不足を握りしめ、願望達成の為にメソッドをやればやるほど、

不足していくという事。叶っているのならそもそも、叶える為の何かはしないのです。

アファメーションも自愛も願望達成の為ではない→やったからと言って願望が達成するという訳ではないのです。というのがご理解いただけたのではないでしょうか?ではではよしなに~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
潜在意識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント