執着を手放す…って一体?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
潜在意識

皆さんこんにちは、ナチュラリストです。我がジャイアンツも監督交代などあり、コーチ陣の顔ぶれも変わり、来シーズンにかける思いを募らせているところ、気が付けば、日本シリーズなるものが開催されていたんですね。すっかり、忘れておりました。

前回は自愛をテーマにして、アナと雪の女王を強引に引っ張りだしてくる、ちょっと強引な感じでしたが、まぁ良いのです、皆さんに伝われば。本日は「執着を手放す」についてです。この執着を手放すってスピ業界では耳タコなセンテンスではないでしょうか?願望達成のためには執着を手放しましょう。横断歩道は手をあげて渡りましょう。など極々当たり前に語られております。実はわたくし、この「執着を手放す」がいまいち理解できなかったのです。「執着を手放す」が理解できないので、きっと願望達成できないんだろうなー。と思っておりました。達人たちはこぞって「執着を手放せ!」と言いますよね。執着って何だろう?どうやったら手放せるのかと思案しておりました。そう、願望達成のために。

まず、執着とは「あることに心をとらわれて、そこから離れられないこと」とあります。(※グーグル検索で出てきますよ。)なるほど、何となく意味は分かります。私の疑問はこんな疑問でした。

恋愛では「執着を手放し、忘れた頃にふと叶う」とよく言われますよね?でもこれが、刑事だったら、どうでしょうか?「犯人への執着を手放せ。もう、忘れろよ。」これで、犯人が捕まったら、刑事って何してる人なんだろうって感じですよね。刑事は犯人逮捕に向けて日夜それこそ、我々の想像を絶する執着心を持って懸命な捜査をしてるはずですし、銭形警部も世界所狭しとルパンを追っている訳です。きっと銭形のとっちゃんは「ルパン?もういいよ、そんな奴いたよね~」とは言わないですよね?この違いってなんだろうか?もっというと、スポーツ選手も日々トレーニングをして、技術の向上を図っているのは、自分が上手くなりたいとう、特定願望に対する執着ですよね?なんで、恋愛とかお金に関しては執着してはいけないのだろうか?私にはここが腑に落ちなくて、スピ廃人たらしめた訳です。いろいろなまとめサイトやら達人のコメントを血眼になって答えを探す旅に出たわけです。それこそ、執着です。そして私はある答えに辿り着きました。執着することが悪いのではなく、執着した対象に依存することが問題なのだと辿り着きました。

恋愛でいいますと、好きな相手とどうにか幸せになりたいと願望があり、その為に、彼・彼女ではないとダメなんだ、くっそーどうしてうまくいかない、彼・彼女とどうしても幸せになりたいのに。これって、依存ですよね?完全に「幸せ」を相手に依存させている。つまり「相手と幸せになる」ことが幸せの前提条件になっているのです。ただ単に彼・彼女が好き!でいいのです。相手を好きな自分が好きなのです。相手と幸せになるかならないかは今、問題ではないのです。だってわからないじゃん。そんなの。つまり、恋愛で言えば、

執着を手放すとは、つまり、相手を忘れることではなく、ただ、相手を想う事     →依存する事やコントロールしようとする事を辞める
執着してもいいんです、いや、好きなら執着するでしょ?でも、相手をコントロールしようとしたり、依存するのは違うよね?って話です。それで私は腑に落ちました。日本の警察も犯人逮捕に向けて日々努力されていると安心しました。銭形のとっちゃんもルパンを世界の果てまで追いかけられる。恋愛ではよく、「特定の人との願望は難しい」と言われるけれど、スポーツ選手が日々思っているのは特定願望ですよね?そのスポーツが上手くなりたい!って。だから特定願望でも、特定の個人に対する願望も同じです。この辺はまた機会があれば記事にしたいと思います。ではでは
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
潜在意識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント