焼き餅、焼いちゃうから♪嫉妬の話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
心理学

みなさん、こんいちはナチュラリストです。

12月に入り、忘年会など普段親しくない方々ともお酒の席でご一緒する機会も多くなるこの季節。サラリーマン・OLの皆さん、お疲れまです。お酒の席って普段と違う一面が見れるいい機会ですよね?私は会社での飲み会ではあまり飲まないので、乱れることはないのですが、その分、周りが変わっていく様をみていると面白いですね。普段まじめな感じの人がお酒が入るとスケベな感じになるのはサラリーマンあるあるではないかと。

さて、本日は嫉妬です。人はなぜ「嫉妬」をするのでしょうか?

嫉妬や妬みと聞くとネガティブなイメージがしますよね?実際にスピリチュアルな世界ですと、嫉妬や妬みは良くない‼とされていますね。攻撃的思考となって、相手を攻撃して、しかしその相手とは自分の事だったみたいな…。でも、しかし、嫉妬と妬みは違うものであるとするのが心理学なのです。

・嫉妬とは自分の資産とか資源を、奪う奴を排除しようというのが嫉妬=jealousy

・妬みとは自分と能力の変わらない相手に対して、自分よりも不当に利益を得ている、
そんな風に見えるときに、その相手に対して感じるネガティブ感情=envy

妬みには良質の妬み悪質の妬みがある

  1. 良性のねたみ:嫉妬の対象と同じようになりたい!という気持ち→頑張ろうというモチベーションにもなる
  2. 悪性のねたみ:嫉妬の対象に悪いことが起きろ!と願う気持ち→相手を引きずり下ろそうとする

良質の妬みは「あこがれ」や「尊敬」に近いけれど、決定的な違いは「苦痛を伴う」という事です。例えば、人が高級車を買ったと聞いて

あこがれ=いいなあ、

良質な妬み=くっそー、俺も買わないと‼

悪質な妬み=くっそー、俺が持ってないのに‼壊してやる!

また、実験などから、良質な妬みは前向きなモチベーションを高めてくれるらしいのですが、どうやって良質な妬みを持つか、次の方法があるとの事

1、頑張ればどうにかなる
「まだ~」というフレーズを使って、成長マインドを促す方法もあります。
例えば「自分は成長できない」では無くて、「まだ自分は成長できない」と言い換えるだけで、今は出来ていないから、成長できるように頑張ろうとなるわけです。

2、嫉妬を抱いた自分を責めない
ネガティブバイアスの時もお伝えしましたが、基本的には人は嫉妬します。
そんな時、自分がどんな時に嫉妬しやすいのかを観察して、その感情に名前を付けてあげる。

嫉妬をすること自体は皆さんある事ですし、その感情を隠すよりかは、素直に嫉妬している自分に気づいて、前向きなモチベーションに変えたほうがより健康的になれるのではないかと思います。まぁ、嫉妬しても、願望達成は出来てしまうので、嫉妬したからといって、落ち込む必要はないかと思います。よしなに~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
心理学 潜在意識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント