自分軸 第165話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
潜在意識

みなさん、こんにちはナチュラリストです。
沖縄の南側で熱帯低気圧が発生して
台風になる見込みがあるとの事
今週3連休は大荒れになる予報も
今後の情報に注目ですね。



さてさて今回は「自分軸」でございます。

相手はコントロールできない
これはもう耳タコですね。
目の前の現実もコントロールできない
これもまた耳タコですね。

コントロールすべきは自分です。
自分が自分をコントロールするって
簡単そうですが、いまいちよくわからない
という方も多いのではないでしょうか?

自分をコントロールしているのは
無意識の領域に居る潜在意識です。
それ故に潜在意識にあれやこれやと
働きかけているんですね。
その過程において
自分軸でなく、他人軸でいると、
潜在意識に上手く伝わらないのです。

他人軸というのは、判断基準が他人にあるという事です。
恋愛で、よくありがちなのが
相手を基準にしてしまう。
・相手を振り向かせたい
・相手に愛されたい
恋愛でなくても
・人から良く思われたい
・人に認められたい
などですね。
主導権が常に他人にある状態ですと
振り回されるという状況になる訳です。
常に周りの状況に左右されてしまう。
そして、そこに「自分」は居ないわけです。
自分では何も決めていないので
潜在意識も上手く情報処理が出来ず、
お手上げになってしまうのです。

目の前の現実にリアクションしてしまうのは
まさに他人軸ですね。

では自分軸とはどうしたらいいのか?
自分はどうしたいのか?
自分の望みは何なのか?
恋愛でいうと
・相手と幸せになりたい
・相手と愛し愛っていたい
先ほどの他人軸と比べると
『他人軸』
・相手を振り向かせたい→振り向くのは相手
・相手に愛されたい→愛するのは相手
『自分軸』
・自分が相手を幸せになりたい
・自分が相手と愛し合っていたい
似ているようで非なるものでございます。
主体が他人か自分か。
どんな自分でいるか
どんな自分でいたいのか
ここがポイントです。

あの人が好き、あの人と幸せな生活を送っている自分になる。
そう決める。それってどんな自分ですか?
好きな人と幸せな生活を送ている自分はきっと
相手を幸せにしているだろうし、それだけの力を持っているはず。
そんな自分ってどんな自分?
そうやって常に自分を見つめてみて下さい。
どんどん理想の自分、なりたい自分が見えてくるのではないでしょうか?

自分軸とは
自分勝手になるという事では無く
判断基準を自分において
取捨選択をして、時には相手に合わせなくてはならない事もあります。
しかし、
何となく流されて相手に合わせているのか
しっかりと理解したうえで相手と協調しているのか
軸がしっかりしていれば、流されることは無いのです。

判断基準が自分軸であれば
無意識の領域の潜在意識にも届き
知らず知らずのうちに
なりたい自分の世界が展開されていきます。
何故ならば
自分で取捨選択した結果の連続性が「今」なのですから。
ではではよしなに~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
潜在意識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント