お金、いくらほしいの? 第166話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
潜在意識

みなさん、こんにちはナチュラリストです。
とあるメガバンクの営業ノルマ撤廃のニュースが出てましたね。
ノルマを果たすと、不正もついて回るのは仕方がない話ですが
ノルマをなくしても収益を上げる事が出来れば
今後の「営業」という働き方が変わってくると思います。
詳細はわかりませんが、メガバンクのチャレンジ、
うまく行って欲しいですね。



さてさて今回は「お金、いくらほしいの? 第166話」でございます。
お金を引き寄せたいと思って頑張っているかた
具体的にいくらほしいのかは
人によると思いますが
何となくお金が欲しいと思っている場合
お金のイメージがぼんやりしているのかと思います。
例えば、
目の前1万円あったら、何に使うか?
では
毎日1万円が手に入ったら何に使うか?
結構使い道に悩む事もあると思います。
毎日になると
だんだん使い道が無くなって来る事もありますね。
そのうち、使わなくても良いけれど、
何となく消費するという事もあるともいます。
毎日1万円が手に入っても
年間365万円
借金返済の場合でしたら、
借金が無くなるまで、使い道には困らないと思いますが。

お金が欲しいと願った時に
宝くじが当たらないかな?
宝くじが当たったらあれが欲しいとか
何となく漠然と考える事も多いと思いますが
毎日1万円使っても年間365万円
毎日10万円使っても年間3650万円
毎日100万円使って年間36,500万円
宝くじの1等が億になるので
宝くじを当てたいと思っている人は
毎日100万円つかえる金額を当てようとしている訳ですが
本当にその金額が必要なのか?

お金は金額では無く
お金と引き換えに手に入れられるもの
そこが本当に望んでいるものであるか否かが大切な訳です。

お金は「マブダチ」であると言いましたね。
マブダチが運んでくれるものが
どうでもいいと感じるものであれば
折角運んでくれたマブダチもガッカリする訳です。
喜んで貰えないなら、嫌だなぁ~となる訳です。
(潜在意識的にいうと「感謝する」という事ですね)

お金が欲しいと願う時
金額では無く、その先にあるもの
ここにフォーカスをしてあげると良いと思います。
ではではよしなに~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
潜在意識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント