「倹約」と「我慢」の違い 第79話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
潜在意識

みなさん、こんにちはナチュラリストです。
昨日からプロ野球も開幕し、もうすぐ4月。春ですね。皆さんは如何お過ごしでしょうか?

新学期、新入社員、初めての一人暮らしなど、新生活に心ウキウキと同じぐらい不安な事もあるかと思います。そんな中、本日は倹約と我慢についてです。

お金のお話になりますと
「お金持ち」に「なった自分」という事で
「現在の残高を気にしない」とよく言われ
お買い物するときは感謝の気持ちを持って、
とよく言われますね。
もちろん、「お金持ち」の自分になったからと言っても、
残高を気にしないで散財すれば、お金は無くなります。

お金持ちになったら、そもそも、余計なものは欲しないのです。
いつでも買える余裕があるので、必要な時に必要なものを買う・手に入れる訳です。
必要な時に手にいれる手段としてのお金だけであり、
お金の有無に執着していないのです。
また、お金という手段にすら執着をしないのです。
必要であれば何とかする。
「買う」のか「人からもらう」のか、だって必要なのですから。

まぁ、わかりやすく言いますと
余裕を持ちましょうという事です。
「なる」は余裕がないと
「なったふり」になり、すぐに目の前の現実との答え合わせが始まり
外側の世界が主導になってしまいます。

我慢する。
悪い事ではないですが、
「我慢」という感情に注目するのではなく
例えばダイエットであれば
目的があってダイエットをしている訳ですから、
我慢では無くて、目的に目を向ける訳です。

お金がなく生活がきつい。
いろいろ食費を切り詰めて
食べたいものを我慢しないと…
であるのであれば、我慢するのではなく
どうすれば、食費を切り詰めないで良くなるのか?

つまり、どこに目を向けるのか
どの感情でいるべきなのか
という事です。

我慢とは辛い事を耐え忍ぶこと。
倹約とは無駄を省き費用などを切り詰める事

我慢とは耐え忍ぶのですから停滞です。
倹約とは費用を切り詰めた先に目的があるので前進です。

同じ状況でも、停滞とみるか前進とみるか
どちらが良いですか?ではではよしなに~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
潜在意識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント