ストレス対策  第93話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
心理学

みなさん、こんんちはナチュラリストです。
楽しいGWも終わり、今日からお仕事という方、
皆さん憂鬱ですよね。
今朝の通勤電車に心を折られた方も多いと思います。
先週の今頃は楽しかったなぁ~と。
今回は現実逃避に走る方に向けた「ストレス対策」についてです。

先週の今頃は楽しかったなぁ~と思うのは、誰しもが思う事
しかし
でも、今はつまらない
と考えてしまいがちですが、この
でも、今はつまらないの部分は不要なのです。

さて、今回紹介するストレス対策は
「瞑想」です。
その中でも「歩行瞑想」です。
歩きながらにして出来る瞑想ってどんなものでしょうか?
古くは原始仏教 ブッタの時代の秘技とされていたようですが
そんな難しいものでもないのです。
簡単にまとめますと

歩行瞑想
・数千年の歴史がある
・歩くことに全力で集中する
・呼吸は普通にリラックス
・足の裏の感覚に集中
・離れる、前に出る、降りる、触れるこの4つの感覚
・簡略化すると、着いた、離れただけでもいい
・はじめは5分ぐらいから、20分ぐらいまでできればOK

もっとシンプルにするのであれば
歩くときに「右足、左足」と意識して歩くだけでもOKです。

瞑想のポイント
注意力のコントロール つまり 意識がそれたら、戻す
それだけです。

注意力のセルフコントロール力が高まる→集中力が上がるという訳です。
つまりマインドフルネスな状態を維持していくという事ですね。
ざっくり言えば、日常の動作はすべて瞑想トレーニングの一種として使えるという事ですね。

ペンシルバニア州立大学の実験
・スマホにアラームが鳴るアプリをインストール
・1日ランダムに8回鳴らす、その時に自分が何をしていたか
・その事をマインドフルにしていたかをチェック(マインドフルネス=集中した状態)
例えば、その時に勉強していたとしたら、スマホをイジッタリ、注意がそれていなかったかをチェック
これを14日間続けた結果、研究者曰く
マインドフルネスの状態に意識して入れる能力は、
セルフコントロールと幸福度を高めるうえで非常に役立つとの事
そして、
参加者に屋外を歩くように指示して、屋外の光景、音、自分の感覚などに集中するように意識してもらった結果
マインドフルに歩いた参加者はストレス、不安、鬱症状が有意に減り、一気に気分が改善したとの事
普通の散歩でも、マインドフルネスに行えば効果は高いとの事
通勤時でも応用できそうですね。

歩行瞑想というと何だか大変そうだと思われそうですが
まずは、散歩・ウォーキングでも効果はあるので
通勤時など意識して歩くだけでも、ストレス軽減につながり、
お金もかからないので、やってみる価値はあるのではないでしょうか?
注意がそれたら、戻す。ここを意識してみて下さい。
ではではよしなに~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
心理学 潜在意識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント