読書

読書

読書の時間 4時間目:Red

ポルノ小説とは違った、性描写。女性が描くセックスは快楽を求めながら、それは美しい世界。いつまでも女性として見られたいという心の叫び。いろんな立場から結婚生活を描いた作品ではないでしょうか?
読書

読書の時間 3時間目:火車

読書の時間 3時間目は 火車です。カードローン、多重債務といった社会問題に翻弄された女性。最後まで謎に包まれた犯人像。ぜひ、手に取って読んでみて下さいね
潜在意識

「読書の時間 2時間目:黒龍の柩」

みなさん読書の時間2時間目です。本編が恋愛をテーマにしているので、読書の時間はハードボイルド作品の紹介です。熱い男たちの生き様を描いた作品「黒龍の柩」。舞台は幕末でございます。混沌とした時代、明日をも知れぬ時代の変化に翻弄された人々の力強く生きていく姿が描かれています。
潜在意識

「読書の時間:四畳半神話体系」

感情表現が乏しいと、自分の内面を覗きこんだ時に、嬉しい、超嬉しい、最悪、超最悪とあまり細分化できなくなる。すると、本当は嬉しいにもいろんなレベルの嬉しいがあるはずなのに、嬉しいの一言で終わってしまう。心の中の感情表現をうまくできれば、勝手に湧いてくる思考もバラエティの飛んだものになるのではないか?細かいこといいから本を読もう‼
スポンサーリンク