ココナッツオイルに迫る‼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
栄養
なるほど
なるほど

皆さん、こんにちは。「なるほど」です。「なるほど」コーナー第2弾はココナッツオイルです。皆さん、よろしくお願いしますね。

さてさて、海外セレブに人気のココナッツオイル、これからの季節、女性の皆様にはありがたい効果が含まれているココナッツオイルですが、2018年8月にアメリカ、ハーバード大学の教授にて「ココナッツオイルは純粋な毒だ!」と発言され、巷の皆様が右往左往したわけですが、実際のところ、どうなんでしょうか?そもそも、「アブラ」ですから、毒も何もという気もしますが。メリット・デメリットがあるのが世の常なのでありますが、少し考察していきたいと思います。

でもでも
でもでも

ココナッツオイルって何なの?

「アブラ」です。アブラは室温で固体の脂、室温で液体の油と大きく2種類に分けられます。固体の脂は動物性であることが多く、なるべくなら控えたいアブラとされ、液体の油は植物性であることが多く、体に良いとされることが多いですね。ココナッツオイルの場合は、室温が低いと固体になりますが、植物性です。また、脂に近い成分が含まれています。「飽和脂肪酸」が多いのです。「飽和脂肪酸」が多いのに、何故、体に良いとされるかは、「飽和脂肪酸」でも、中鎖脂肪酸の仲間である「ラウリル酸」が多く含まれているので、健康に良いとされているのです。中鎖脂肪酸は体脂肪として蓄積され難く、エネルギー源になりやすい。その為、太りにくいとされております。
でもでも
でもでも

どんなデメリットがあるの?

オイルなんで、なんでも治す万能薬ではございません。普通にごくごく飲んだら、カロリーは高いのでヤバイです。「飽和脂肪酸」なのでLDLコレストロールが増える可能性も高いのです。その点について、アメリカ心臓協会も警笛を鳴らしている訳です。しかし、まだ十分な研究結果が出ていないので、何とも。逆に善玉(HDL)コレストロール値を上昇させる天然の不飽和脂肪酸が含まれていて、悪玉コレストロールを無害化する働きも期待されているとか。この場合は心疾患のリスクが低減させることが期待されるので、何とも言えないところですね。過剰摂取は控えましょうぐらいでいいのではないでしょうか?
でもでも
でもでも

どんなメリットがあるの?

  1. 代謝量のアップ
  2. お肌のすべすべ効果~乾燥肌に潤いを与え、健康に
  3. 皮膚炎の改善
  4. 糖尿病の改善
  5. コレステロール値の改善
  6. 中性脂肪の減少
  7. アルツハイマーの改善~認知症患者の脳機能の促進
  8. 髪の毛のつやつや効果
  9. 乾癬などの皮膚の改善効果
  10. 虫歯予防効果~オイルプリング(オイルうがい)

いろんな効果がありそうですね。実験で確認できたもの、効果あるらしい、体験談によるものとまだまだデーターが少ないので、将来的に覆る可能性もあります。上にも書きましたが、万能薬では無いので、過剰摂取しても意味がない。でも、美容にも効果ありそう♪など軽い気持ちでココナツオイルと接してみてはいかがでしょうか?「ココナッツオイルの幅広い用途」については、今度、詳しく書いてみますね。

なるほど
なるほど

それでは、次回もよろしくお願いいたします。またね♡

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
栄養
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント