旅行の時間:4時間目 稚内 ③

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行
なるほど
なるほど

みなさん、こんにちは「なるほど」です。稚内③です。

宜しくお願いしますね。

さて、
冬の北海道の先生パンチを喰らった感じでしたが、何とか稚内に着きました。
稚内から宗谷岬まではバスで約50分です。
音威子府行きのバスで途中下車になります。
また、往復割引券があり
窓口で購入可能です。
片道1,390円が往復2,500円に280円お得になるのと
降りるときに清算するのですが、半券を渡すので、両替など必要がなく、
スムーズですよ。

13時20分 稚内発 14時10分 宗谷岬着
14時51分 宗谷岬発 15時43分 稚内着

この組み合わせが宜しいかと
しかし、稚内空港から稚内駅までの連絡バスは
12時50分発13時20分着
うまく乗り継ぎが出来ないと

16時20分  稚内発    17時10分   宗谷岬着
17時56分 宗谷岬発 18時50分 稚内駅着

のスケジュールになり
ノシャップ岬で夕陽を見るのは絶望的になってしまいます。
しかし、そんな時は
※空港連絡バスから駅前ターミナルでの乗換がギリギリの場合、「潮見5丁目」など手前で降車すると乗換時間に少しの余裕が出来ることがあります。宗谷バスHP参照
冬の北海道は天候によりスケジュール変更を余儀なくされる事もあり
予定を詰め込みすぎるのも、考えどころですね。

今の時期は大学生も春休みなので、バスは観光客で満席近く、この状態で50分はちょっときついですね。そんな中揺らり揺られて、宗谷岬に。

-1.7度のなか、小雪が舞い散る極寒です。


この天候なので、サハリンは全く見えないです。


間宮林蔵の像があり、個人的には興奮ポイントです。


間宮林蔵と言えば 読書の時間でも登場しましたね

帰りのバスまで約40分ですが、
ちょうどいい時間ですね。(次の便は3時間後なので、それはさすがにしんどいかと)
一度、稚内に戻り次はノシャップ岬へ
ノシャップ岬へのバスは15分間隔で出ていて
駅からバスで8分、そこから徒歩で13分と割と近く、
この距離なら何らかのリカバリーもたて易いですね。

ノシャップ岬はバス停から少し歩きます。
岬までの途中食堂が数件ありましたが冬季期間中は営業しておりません。
4月下旬から9月下旬みたいですので、事前の確認が必要ですね。

綺麗な夕日が見たくて

先日の紀州加太でみた夕日を超えられるか
しかし、先ほど吹雪いていた雪はやんだのですが
雲は晴れずに、夕日は見えなかったです…

 

夕陽は残念でしたが、何とかやりたい事をやれた感じはあります。雪が解けた頃にもう一度夕陽リベンジをしたいと思っております。
いよいよ次回、稚内の夜から帰路へ。稚内編の最終回です。
次回もお楽しみにね。ではではよしなに~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント