旅行の時間:7時間目 釧路~知床

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行

みなさんこんにちはナチュラリストです。
前回の旅行の時間は最西端の与那国島でしたが
今回は、離島を除いて本土最東端の納沙布岬を経由しつつ知床です。
最北端の宗谷岬、最西端の与那国島、最東端の納沙布岬と行きましたので
あとは、最南端の波照間島で最端シリーズは完結です。
時期を見て行こうかと思っておりますが
台風の心配がない時期に行こうと思います。



さて、今回は最端シリーズでありながら
知床に行きたい‼というのもあり、同時に2つ巡ります。
1泊2日のスケジュール。ちょっとタイトな感じもしますがどうでしょうか…
知床は2005年にユネスコの世界自然遺産に登録されたことでも有名ですね。
納沙布岬のある根室は中標津空港が近いのですが
今回は移動距離が長い事もあり、
本数が多い、釧路空港から出発です。
ひがし北海道5空港ネット こちらを参考に。

今回は天候の心配も無く
予定通り出発です。


7時45分 羽田発 釧路着 9時25分
今回は北海道という事もあり北海道の翼AIR DOとの共同運航便です。
今回はレンタカーをいざ根室→知床です。

と、ここで事件が‼
なんと、カーナビがフリーズという初めての現象です。
いつまでたっても同じところを指していて、一向にマップが変わらず。
初めての土地なので、ちょっと焦りました。
昔は地図を見ながらが普通のドライブでしたが、最近はもっぱらカーナビに頼りっぱなし。
エンジン入れ直し、再起動しても、おおよそ2分で固まります。
これではちょっと道が判らないので
iphoneに入っているマップアプリでナビゲーションしてもらいます。
しかも、グーグルさん、道路情報の更新が早いのか
カーナビをセットした時よりも到着時刻が2時間ぐらい早い予定でした。
しかし、2時間アプリ開いたままなので、電池の消耗も早く
携帯電池は必須ですね。飛行機のチケットもiphone表示にしているので
旅行に行くときは携帯電池は必須というのが改めて身に沁みます。
※あとでわかったのは、音楽を聴くため、iphoneをUSBケーブルに繋ぐとフリーズするという事。USBケーブルを外すと普通にナビしてくれますが、iphoneのアップアプリの方がルートが正確なので併用していきました。



気を取り直し、いざ根室へ。途中コンビニ寄ったり、カーナビをいじったりで
2時間30分ぐらいで釧路空港から納沙布岬に着きました。


とても晴れていたのですが霧が出ていて、北方領土を望むことはできませんでした。
霧が出ているせいか、風も強く、少し肌寒い感じです。この時の気温は14度でした。
納沙布岬に到達した証明書を300円で購入し、
次なる目的地、知床を目指します‼
根室から知床に向かう途中
中標津空港を通り過ぎます。
今回泊まるホテルは「知床グランドホテル北こぶし
ナビのルートは斜里方面からを指しましたが
羅臼から知床峠を超えていくルートを選択。
途中、北方領土・国後島に一番近い道の駅「知床・らうす 北の道の駅」立ち寄り。
納沙布岬では見れなかった北方領土のうち、国後島が良く見えました。

 
近くて遠い島ですね…

知床峠から見える羅臼山をゆっくり見る時間も無く通り過ぎるだけでしたが
人気があるようで、平日のこの時期でも人が多かったように感じました。
峠は標高738mあるので、それなりにクネクネしています。
羅臼岳は所々白く、この時期でも一部雪が残っているようです。
峠を越えてようやく斜里町ウトロ側へ、ホテルの近くに
コンビニエンスストアが2件あって何かと便利です。
連泊でも困ること無さそうですね。
ホテルに着いたのが17時過ぎでしたので
チェックインして夕陽を見に行きます。


ホテルから近くにあるスポットしてはオロンコ岩があります。


オロンコ岩は高さが60mもあり、急な石段170段余りを登ったところにある展望台から見える夕陽は綺麗でした。
駆け足だった1日目、最終日の2日目は知床をもう少し回ります‼
次回もお楽しみにね。
ではではよしなに~











マイルも貯めて、クレジットカード機能付きだから旅先でも安心

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                            ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

                                                                    ↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑                                             
旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naturalistをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーナチュラリスト、願望達成への軌跡

コメント